リヴリー の変更点

Last-modified:

|~No.|~見た目|~名前|~学名|~条件|h
|CENTER:|1|||CENTER:100|c
|001|&ref(001.png,nolink);|ピグミー|splendor salve|なし(初期)|
|001|&ref(001.png,nolink, );|ピグミー|splendor salve|なし(初期)|
|~|~|>|ミュラー研究所ではじめて誕生したリヴリー種。温かい場所を好み、活動的。|~|
|002|&ref(002.png,nolink);|トビネ|cauda salire|なし(初期)|
|002|&ref(002.png,nolink, );|トビネ|cauda salire|なし(初期)|
|~|~|>|はねる力にすぐれたリヴリー種。明るい気性だが少し神経質な面も。暑さ寒さに強い。|~|
|003|&ref(003.png,nolink);|アメノヒグラシ|pluvia vivius|なし(初期)|
|003|&ref(003.png,nolink, );|アメノヒグラシ|pluvia vivius|なし(初期)|
|~|~|>|ツルツルの迷彩風もようのヒフをもつ。エモノを見つけるとすばやくとらえる一面もある。|~|
|004|&ref(004.png,nolink);|ゲッコウヤグラ|luna umbella|なし(初期)|
|004|&ref(004.png,nolink, );|ゲッコウヤグラ|luna umbella|なし(初期)|
|~|~|>|浮遊能力をもったリヴリー種。マイナスイオンの多い環境が大好き。泳ぎも得意。|~|
|005|&ref(005.png,nolink);|ワタメ|xylium candidus|なし(初期)|
|005|&ref(005.png,nolink, );|ワタメ|xylium candidus|なし(初期)|
|~|~|>|ふわふわな綿の毛をもつリヴリー種。毛を伸び縮みさせ、体温調節や気分を落ち着かせる。|~|
|006|&ref(006.png,nolink);|オーガ|monstrum purpureus|なし(初期)|
|006|&ref(006.png,nolink, );|オーガ|monstrum purpureus|なし(初期)|
|~|~|>|知能が高く力も強い大型のリヴリー種。気分がいい時などにクビをカタカタいわせる。|~|
|007|&ref(007.png,nolink);|ブラックドッグ|electritas ater|なし(初期)|
|007|&ref(007.png,nolink, );|ブラックドッグ|electritas ater|なし(初期)|
|~|~|>|犬のようなリヴリー。フードにみえる毛は防水性がある。気性は荒く、尾でいかくする。|~|
|008|&ref(008.png,nolink);|ジュラファント|terra longus|なし(初期)|
|008|&ref(008.png,nolink, );|ジュラファント|terra longus|なし(初期)|
|~|~|>|鼻に見えるのは頭でキバに見えるのは腕という、2手4足の大型のリヴリー。のんびりした気性。|~|
|009|&ref(009.png,nolink);|クンパ|splendor ater|なし(初期)|
|009|&ref(009.png,nolink, );|クンパ|splendor ater|なし(初期)|
|~|~|>|気性は荒いが飼い主には忠実。黒い耳に見えるのは毛が固まってできた大きな角だ。|~|
|010|&ref(010.png,nolink);|パキケ|puella corniger|なし(初期)|
|010|&ref(010.png,nolink, );|パキケ|puella corniger|なし(初期)|
|~|~|>|洋服の様な毛をもつおだやかなリヴリー。二足歩行で移動する。かわいいものや、きれいなものが好き。|~|
|011|&ref(011.png,nolink);|ハナアルキ|nasus gradi|なし(初期)|
|011|&ref(011.png,nolink, );|ハナアルキ|nasus gradi|なし(初期)|
|~|~|>|鼻の筋肉が異常に進化したリヴリー。鼻で軽くとび上がることもできるが、手足の力は弱い|~|
|012|&ref(012.png,nolink);|ムシチョウ|phoenix penni-non|なし(初期)|
|012|&ref(012.png,nolink, );|ムシチョウ|phoenix penni-non|なし(初期)|
|~|~|>|ロイヤルなふんいきがただようリヴリー。飛ぶ事はできないがはねる力と視力が秀でている。|~|
|013|&ref(013.png,nolink);|スナイロユンク|ala salire|なし(初期)|
|013|&ref(013.png,nolink, );|スナイロユンク|ala salire|なし(初期)|
|~|~|>|好奇心にあふれ、快活で行動的。お散歩が大好きで、十分にはね回れる広い場所を好む。|~|
|014|&ref(014.png,nolink);|ハナマキ|nasus volvo|なし(初期)|
|014|&ref(014.png,nolink, );|ハナマキ|nasus volvo|なし(初期)|
|~|~|>|長い鼻で、せまいスキマのにおいをかぐのが好き。耳は大きいが、聞く力は強くない。|~|
|015|&ref(015.png,nolink);|カンボジャク|passer cucurbita|ED後|
|015|&ref(015.png,nolink, );|カンボジャク|passer cucurbita|ED後|
|~|~|>|するどいキバをもち凶暴そうな顔でひねくれた性格だが実はおとなしく、素直な一面もある。|~|
|016|&ref(016.png,nolink);|ケマリ|avis nivalis|ED後|
|016|&ref(016.png,nolink, );|ケマリ|avis nivalis|ED後|
|~|~|>|全身がせんさいな毛でおおわれ、寒さに強いリヴリー種。あまり物事を考えていないようだ。|~|
|017|&ref(017.png,nolink);|オオツノワタケ|xylinum corniger|ED後|
|017|&ref(017.png,nolink, );|オオツノワタケ|xylinum corniger|ED後|
|~|~|>|おだやかな性格をした、羊のようなリヴリー種。毛のだん力を使ってはずむように歩く。|~|
|018|&ref(018.png,nolink);|トウナスモドキ|sus cucurbita|ED後|
|018|&ref(018.png,nolink, );|トウナスモドキ|sus cucurbita|ED後|
|~|~|>|たまにはげしくこうふんするが、よくなつく無邪気な性格のリヴリー。鋭いキバには注意。|~|
|019|&ref(019.png,nolink);|ユキムグリ|pellis argenteus|ED後|
|019|&ref(019.png,nolink, );|ユキムグリ|pellis argenteus|ED後|
|~|~|>|長い毛で低温の環境に適応している。大きな角で雪をほり雪の中にもぐって身をかくす。|~|
|020|&ref(020.png,nolink);|マウンテンピグミー|splendor magnus|ED後|
|020|&ref(020.png,nolink, );|マウンテンピグミー|splendor magnus|ED後|
|~|~|>|ピグミーの大型種。凶暴そうに見えるがとても心優しく飼い主や仲間への愛情も強い。|~|
|021|&ref(021.png,nolink);|ラヴォクス|calix amoenus|ED後|
|021|&ref(021.png,nolink, );|ラヴォクス|calix amoenus|ED後|
|~|~|>|ハートの形に見える頭部が愛くるしいリヴリー種。大きな耳で小さな音も聞きのがさない。|~|
|022|&ref(022.png,nolink);|ヘンプクジンチョウ|sonus nocticulus|ED後|
|022|&ref(022.png,nolink, );|ヘンプクジンチョウ|sonus nocticulus|ED後|
|~|~|>|翼を持っているが飛ぶ能力はない。視力は弱く、鼻から出す音波でまわりを的確にはあくする。|~|
|023|&ref(023.png,nolink);|イッカクフェレル|capra unicornis|ED後|
|023|&ref(023.png,nolink, );|イッカクフェレル|capra unicornis|ED後|
|~|~|>|木質の長い角が神秘的なリヴリー。胴体の厚い毛で寒さにとても強く、飼いやすい。|~|
|024|&ref(024.png,nolink);|ホオベニムクチョウ|avis gradi|ED後|
|024|&ref(024.png,nolink, );|ホオベニムクチョウ|avis gradi|ED後|
|~|~|>|エサをためこむため胸の部分が袋の様になっている。日光浴を好み。暗いところが苦手。|~|
|025|&ref(025.png,nolink);|ミミマキムクネ|auris helice|ED後|
|025|&ref(025.png,nolink, );|ミミマキムクネ|auris helice|ED後|
|~|~|>|くるくる巻いた耳の毛がとくちょう。知能が高く、身の回りの出来事に強くきょうみを示す。|~|
|026|&ref(026.png,nolink);|ヴォルグ|ala tenebrarius|ED後|
|026|&ref(026.png,nolink, );|ヴォルグ|ala tenebrarius|ED後|
|~|~|>|満月の夜に誕生したリヴリー種。飛ぶ能力は低いが、かっくうで長く飛ぶ事ができる。|~|
|027|&ref(027.png,nolink);|ユキワラベ|deus nivalis|ED後|
|027|&ref(027.png,nolink, );|ユキワラベ|deus nivalis|ED後|
|~|~|>|寒さに強い体毛で、逆に暑さには弱い。自然を愛し、たまに目に見えない何かと遊んでいる。|~|
|028|&ref(028.png,nolink);|クイ|benedictio aureus|ED後|
|028|&ref(028.png,nolink, );|クイ|benedictio aureus|ED後|
|~|~|>|中型のリヴリー種。飼い主によくなつくおだやかな性格。テリトリーを広げるため、活発に動く。|~|
|029|&ref(029.png,nolink);|ピキ|auris dicere|ED後|
|029|&ref(029.png,nolink, );|ピキ|auris dicere|ED後|
|~|~|>|音に対して敏感で、音楽に聞き入ることもあるリヴリー。活動的であまりじっとしていない。|~|
|030|&ref(030.png,nolink);|ウォーム|pellis calidus|ED後|
|030|&ref(030.png,nolink, );|ウォーム|pellis calidus|ED後|
|~|~|>|密度の高い毛で、体についた雪がとけてもしみ込まず肌まではぬれない。ゆったりと動く。|~|
|031|&ref(031.png,nolink);|ウボー|dens acutus|ED後|
|031|&ref(031.png,nolink, );|ウボー|dens acutus|ED後|
|~|~|>|毛足の長い体毛で、寒さをしのぐ。けいかい心が強く反射的に相手をいかくすることも。|~|
|032|&ref(032.png,nolink);|ワング|auris calidus|ED後|
|032|&ref(032.png,nolink, );|ワング|auris calidus|ED後|
|~|~|>|長い毛で冬に強い。においに敏感で雪の下のエサも簡単に見つける。意外に大食い。|~|
|033|&ref(033.png,nolink);|ピグミークローン|splendor salve|もも色のハートdd|
|033|&ref(033.png,nolink, );|ピグミークローン|splendor salve|もも色のハートdd|
|~|~|>|ピグミーの細胞から生まれたクローン。リヴリー研究の一環として誕生した。|~|
|034|&ref(034.png,nolink);|プリミティブピグミー|splendor originalis|黄色のハートdd|
|034|&ref(034.png,nolink, );|プリミティブピグミー|splendor originalis|黄色のハートdd|
|~|~|>|中世時代の姿を再現したピグミー。おだやかで活動的。直立や、前足を器用に使う事は苦手。|~|
|035|&ref(035.png,nolink);|プリミティブトビネ|cauda originalis|赤いハートdd|
|035|&ref(035.png,nolink, );|プリミティブトビネ|cauda originalis|赤いハートdd|
|~|~|>|中世時代の姿を再現したトビネ。防寒用のしぼうが多くはねる力は弱い。おっとりとした気性。|~|
|036|&ref(036.png,nolink);|プリミティブオーガ|monstrum originalis|こい紫のハートdd|
|036|&ref(036.png,nolink, );|プリミティブオーガ|monstrum originalis|こい紫のハートdd|
|~|~|>|中世時代の姿を再現したオーガ。ふさふさした長い毛をもつ体は、寒い冬に適応していた。|~|
|037|&ref(037.png,nolink);|プリミティブブラックドッグ|electritas originalis|青いハートdd|
|037|&ref(037.png,nolink, );|プリミティブブラックドッグ|electritas originalis|青いハートdd|
|~|~|>|中世時代の姿を再現したブラックドッグ。非常に気性が荒く、やや飼いにくい。|~|
|038|&ref(038.png,nolink);|プリミティブパキケ|puella originalis|真紅のハートdd|
|038|&ref(038.png,nolink, );|プリミティブパキケ|puella originalis|真紅のハートdd|
|~|~|>|中世時代の姿を再現したパキケ。長い体毛で、後ろ足にだけヒヅメがある。|~|
|039|&ref(039.png,nolink);|プリミティブワタメ|xylinum originalis|はい色のハートdd|
|039|&ref(039.png,nolink, );|プリミティブワタメ|xylinum originalis|はい色のハートdd|
|~|~|>|中世時代の姿を再現したワタメ。するどいツメをもつがふだんはおとなしい。寒い場所は苦手。|~|
|040|&ref(040.png,nolink);|ショウジョウダルマ|flasco cogitare|エメラルドのハートdd|
|040|&ref(040.png,nolink, );|ショウジョウダルマ|flasco cogitare|エメラルドのハートdd|
|~|~|>|博士が研究していたm-002号の一般配布用改良種。おだやかでのんびりした性格になった。|~|
|041|&ref(041.png,nolink);|マダラカガ|cornu varius|オリーブのハートdd|
|041|&ref(041.png,nolink, );|マダラカガ|cornu varius|オリーブのハートdd|
|~|~|>|湿った場所を好み、明るい場所をきらう。けいかい心が強く、派手なもようで相手をいかくする。|~|
|042|&ref(042.png,nolink);|オサナヒグラシ|pluvia parvulus|水色のハートdd|
|042|&ref(042.png,nolink, );|オサナヒグラシ|pluvia parvulus|水色のハートdd|
|~|~|>|アメノヒグラシのネオテニー個体。頭の突起物でまわりの音やにおいを敏感に感じとる。|~|
|043|&ref(043.png,nolink);|クロメ|penna cattus|黒いハートdd|
|043|&ref(043.png,nolink, );|クロメ|penna cattus|黒いハートdd|
|~|~|>|暗闇でも見える特殊な目を持っている。足音を立てずに歩きまれに羽を使って飛ぶこともある。|~|
|044|&ref(044.png,nolink);|メデネ|solis ortus|緑のハートdd|
|044|&ref(044.png,nolink, );|メデネ|solis ortus|緑のハートdd|
|~|~|>|発達した前歯で硬いものをかみくだく。眼球を飛び出させて敵をいかくしたり、仲間をおどろかせる。|~|
|045|&ref(045.png,nolink);|ネタツザル|dies specialis|オレンジのハートdd|
|045|&ref(045.png,nolink, );|ネタツザル|dies specialis|オレンジのハートdd|
|~|~|>|活動的で明るい気性で、知能も高い。暑さにも寒さにも強いので、飼育がしやすい種。|~|
|046|&ref(046.png,nolink);|ビズー|daemonium nasus|ベージュのハートdd|
|046|&ref(046.png,nolink, );|ビズー|daemonium nasus|ベージュのハートdd|
|~|~|>|鼻が非常に発達していて、なれない物のにおいに敏感。気性が荒く、ややなつきにくい。|~|
|047|&ref(047.png,nolink);|キャンディスノー|xylinum salire|白いハートdd|
|047|&ref(047.png,nolink, );|キャンディスノー|xylinum salire|白いハートdd|
|~|~|>|寒さに強いふわふわな毛を持っている。好奇心が強く、ほがらかな性格。|~|
|048|&ref(048.png,nolink);|ゴズ|minotaurus mitis|コバルトのハートdd|
|048|&ref(048.png,nolink, );|ゴズ|minotaurus mitis|コバルトのハートdd|
|~|~|>|うれしさやこうふんで体を揺すりはじめ、鼻息が荒くなる。温和で優しい性格の大型のリヴリー種。|~|
|049|&ref(049.png,nolink);|ミンツ|cauda erudire|紫のハートdd|
|049|&ref(049.png,nolink, );|ミンツ|cauda erudire|紫のハートdd|
|~|~|>|大きなしっぽがチャームポイントの大型種のリヴリー。とてもおだやかな性格で知能も高い。|~|
|050|&ref(050.png,nolink);|イムーバ|odor reptabundus|黄緑のハートdd|
|050|&ref(050.png,nolink, );|イムーバ|odor reptabundus|黄緑のハートdd|
|~|~|>|全身がとてもやわらかいリヴリー。マイペースな性格。気分によって、様々な香りを発する。|~|
|051|&ref(051.png,nolink);|ゼブル|fascination auricula|茶色のハートdd|
|051|&ref(051.png,nolink, );|ゼブル|fascination auricula|茶色のハートdd|
|~|~|>|細長い顔と角のような形の耳がとくちょう。長い腕としっぽで、枝から枝をわたって移動する。|~|
|052|&ref(052.png,nolink);|ツノナデシ|quietus spiritus|ピンクのハートdd|
|052|&ref(052.png,nolink, );|ツノナデシ|quietus spiritus|ピンクのハートdd|
|~|~|>|水のある場所を好み、体の表面がぬるぬるしている。ふだんはまったり、おどろくとすばやい。|~|
|>|>|>|>|BGCOLOR(#e0e0f0):|c
|~No.|~見た目|~名前|~種族|~ |
|CENTER:|1|||CENTER:100|c
|053|&ref(053.png,nolink);|マシュー|シマミンツ|管理リヴリー|
|053|&ref(053.png,nolink, );|マシュー|シマミンツ|管理リヴリー|
|~|~|>|せんぱいかぜをふかせたがるリヴリー。上から目線でセレブなふんいきだがたまにびんぼうくさい。|~|
|054|&ref(054.png,nolink);|ボンド|マズル|管理リヴリー|
|054|&ref(054.png,nolink, );|ボンド|マズル|管理リヴリー|
|~|~|>|リヴリータイムズ社ではたらくリヴリー。いつもじけんをおっている。|~|
|055|&ref(055.png,nolink);|グレッグ|オーガ|管理リヴリー|
|055|&ref(055.png,nolink, );|グレッグ|オーガ|管理リヴリー|
|~|~|>|筋トレと虫集めがしゅみのリヴリー。暑苦しいけど悪いやつではない。|~|
|056|&ref(056.png,nolink);|バンブゥ|クンパ|管理リヴリー|
|056|&ref(056.png,nolink, );|バンブゥ|クンパ|管理リヴリー|
|~|~|>|きっさてんではたらくたしゅみのリヴリー。りょこうとお菓子が大好きな夢見る乙女。|~|
|057|&ref(057.png,nolink);|ルディ|パキケ|管理リヴリー|
|057|&ref(057.png,nolink, );|ルディ|パキケ|管理リヴリー|
|~|~|>|ハッピーワゴンショップのふたごのおねえさん。ピントのはずれたマシンガントークでその場を明るくする。|~|
|058|&ref(058.png,nolink);|レッティ|パキケ|管理リヴリー|
|058|&ref(058.png,nolink, );|レッティ|パキケ|管理リヴリー|
|~|~|>|ハッピーワゴンショップのふたごのいもうと。おねえさんとはまったく正反対でおっとりマイペース。|~|
|059|&ref(059.png,nolink);|ムズーラ|ゲッコウヤグラ|管理リヴリー|
|059|&ref(059.png,nolink, );|ムズーラ|ゲッコウヤグラ|管理リヴリー|
|~|~|>|宝くじ販売所ではたらくおネエなリヴリー。おはだのちょうしをいつも気にしている。|~|
|060|&ref(060.png,nolink);|ボロドウ|ミドリメトビネ|管理リヴリー|
|060|&ref(060.png,nolink, );|ボロドウ|ミドリメトビネ|管理リヴリー|
|~|~|>|doodooが大好きなおちゃめなリヴリー。最近は、ぼうけんにでかけるのがしゅみ。|~|
|061|&ref(061.png,nolink);|ダークヤグラ|ダークヤグラ|管理リヴリー|
|061|&ref(061.png,nolink, );|ダークヤグラ|ダークヤグラ|管理リヴリー|
|~|~|>|ゲッコウヤグラのとつぜんへんい。自分の意志をもって動く変わったリヴリー。|~|
|062|&ref(062.png,nolink);|ドリミー|???|管理リヴリー|
|062|&ref(062.png,nolink, );|ドリミー|???|管理リヴリー|
|~|~|>|なぞにつつまれたぶきみなリヴリー。どこからかあやしいものをしいれてくる。|~|